病気に注意

獣医

犬の骨格は、人間と形や大きさは違うものの同じ様な形態のものである。 そのために、犬であっても人間と同じように骨や筋肉に関する疾患を発症することがある。 その疾患の中でも特に数が多いと言われている、椎間板ヘルニアというものは姿勢が悪いことや過度の運動をしているために、背骨が突出してしまい激しい痛みを伴うというものである。 激しい痛みなどがあると、日常生活を送ることが難しくなるという症状が出ることもある。 しかし、犬の場合においては腰を主として様々な運動をするということから、運動が難しくなるとともに症状が進行した場合には手術しなければならないということもある。 その費用とは、犬種によって違うものの総計すると50万円程度かかることが主流である。

椎間板ヘルニアの治療方法は、医学知識の進歩と同時に数が増えている傾向にある。 特に、犬の場合には犬種や大きさなども多様なものであるということで椎間板ヘルニアという、難しい病気であっても手軽に治療を始めることができる。 その治療方法としては主に3つに分けられている。 1つ目は固定することであり、最も基本的な方法である。 2つ目は手術という方法であるものの、この方法は最も状況が悪化した時のみに適応されるものである。 3つ目は一般的ではないものの、薬物を使うという方法である。 この3つの方法を、椎間板ヘルニアの進行状況に合わせて使い分けることで、より確実な治療方法を実践することができるために、良いと言われている。